「ラジオ出演(第62回目)」のご報告(6月6日)~土地を借りて家を建てた後、立ち退きを求められた...どうする?

家.pngラジオ(FMあまがさき、「中西優一郎のLaw・and・Order」の第62回目)に出演致しました。

「土地を借りて家を建てた後、立ち退きを求められた…どうする?」

私は、58歳の会社員です。

平成10年に家を建てる目的で地主から土地を借り、土地上に一軒家を建てて家族で住んでいます。

土地を借りる際に地主と決めた地代は、これまで約束どおり支払っています。しかし、土地を借りる期間などは特に決めていませんでした。

そうしたところ、最近になって、地主がこの土地にホテルを建設して新たに事業をしたいので、土地から立ち退いて返して欲しいと言われています。

このような場合、どう対応すればいいのでしょうか。建てた家はどうなるのでしょうか。

 

というテーマでお話ししました。

借地の紛争は、土地という資産価値の高い財産をめぐるトラブルであり、土地は、地主にとっては重要な財産、借地人にとっては生活の基盤となりますので、時として激しい利害の対立を生じることがあります。

借地の紛争は、旧借地法、借地借家法等の法規定の理解が必要とされる他、解決には交渉、調停・訴訟、借地非訟等の手続きがあり専門的な知識が要求される場合が多いです。

トラブルが発生したら弁護士等の専門家にお早めに相談されることをお勧め致します。

番組内容の概要

番組では、地主からの立ち退き要求について、

「立ち退く必要はあるの?」

「借地契約の期間は?」

「更新の時はどうなる?」

「契約が終了したら建物はどうなる?」

などについてお話ししました。

内容の概要は、以下のとおりです。

立ち退く必要はあるの?

・借地契約とは

・契約成立の要件

・旧借地法

・借地借家法

借地契約の期間は?

・契約期間について

・期間を定めていた場合

・期間を定めていなかった場合

更新の時はどうなる?

・更新とは

・合意更新

・法定更新

・更新拒絶したら

・正当事由の有無

・立ち退き料について

・定期借地とは

建物はどうなる?

・建物買取請求とは

・契約違反があったら

その他、借地契約で気を付けること

 

今後とも宜しくお願い致します。

無料相談受付中

相談は面談のみとなります。お電話での相談は受け付けておりません。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(9時~21時 土日祝日も受付中)

通話料無料・完全予約制

弁護士面談 土日祝日も受付中

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア:尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

上記地域を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。