「ラジオ出演(第32回目)」のご報告(11月8日)~別居中の夫に子どもを連れ去られた...どうしたらいい?

girl6.gif

ラジオ(FMあまがさき、「中西優一郎のLaw・and・Order」の第32回目)に出演致しました。

「別居中の夫に子どもを連れ去られた…どうしたらいい?」

私は、36歳の主婦です。現在、夫との離婚を考えて別居中で、3歳の子どもと一緒に実家に帰省しています。

先日、夫が実家に来て、私に無断で子どもを自分の住んでいるアパートまで連れて行ってしまいました。その後、何度お願いしても返してくれません。

夫に子どもを返して欲しい場合、どうしたら良いのでしょうか。

 

というテーマでお話ししました。

離婚の話し合いをしている際に、別居中の配偶者が突然、子どもを連れ去ってしまうというケースがあります。

この場合、実力行使をして奪い返すことは絶対に避けなければなりません。

きっちりと手続を踏んで、落ち着いて慎重に行動する必要があります。

具体的には、家庭裁判所に対する子の引渡しを求める審判、審判前の保全処分、子の監護者指定の審判の申立てその他の手続を検討することになります。

裁判所の手続をとることに、もどかしく感じることもあるかもしれませんが、実力行使をするとトラブルになり、夫婦のみならず、子どもにまで危険が及ぶ可能性があります。

また、後に、離婚調停、訴訟等になった場合に、実力行使をしたことが、裁判所における離婚の諸条件(親権、面接交渉等)の判断の際に、不利になる可能性もあります。

親同士の争いに巻き込まれて子どもが傷つかないよう、子どものことを第一に考えて行動することが大切です。

まずは、弁護士等の専門家に相談し、子どもの福祉の観点から慎重に対応するようにしましょう。

番組内容の概要

番組では、夫婦別居中の子どもをめぐるトラブルについて、

「子どもが連れ去られたらどうしたらいいの?」

「取り戻すにはどんな方法があるの?」

「引渡しに応じなかったらどうなるの?」

「離婚するときに決めておくことは?」

などについてお話ししました。

内容の概要は、以下のとおりです。

子どもが連れ去られたらどうしたらいいの?

・実力行使をして奪い返すこと(自力救済)はしてはならない

・自力救済のリスク

・裁判所の手続

・子どもの福祉とは

取り戻すにはどんな方法があるの?

・子の引渡しを求める審判

・審判前の保全処分

・子の監護者指定の審判

・人身保護請求とは

引渡しに応じなかったらどうなるの?

・履行勧告

・強制執行(直接強制、間接強制)

・子どもの人格に配慮し、子どもの福祉に適した執行方法をとるために

離婚するときに決めておくことは?

・親権

・面接交渉

・養育費

・財産分与

・慰謝料など

その他、気を付けること

 

今後とも宜しくお願い致します。

無料相談受付中

相談は面談のみとなります。お電話での相談は受け付けておりません。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(9時~21時 土日祝日も受付中)

通話料無料・完全予約制

弁護士面談 土日祝日も受付中

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア:尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

上記地域を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。