「ラジオ出演(第29回目)」のご報告(10月18日)~長男に会社を継がせたい...どうしたら上手く行く?

structure_016.jpg

ラジオ(FMあまがさき、「中西優一郎のLaw・and・Order」の第29回目)に出演致しました。

「長男に会社を継がせたい…どうしたら上手く行く?」

私は、63歳で、自動車部品の製造会社を経営しています。

私には、2人の息子がいて、次男は歯医者をしているので、長男に会社を継がせたいと考えています。

現在、私の名義で会社の株式や工場の機械などを所有しているのですが、これを長男に受け継がせるには、どうしたらいいのでしょうか。

どのようにしたら世代交代が上手く行くでしょうか。

 

というテーマでお話ししました。

中小企業の経営者の高齢化が進むなか、経営を引き継ぐ後継者がいないため、廃業に追い込まれるケースが増えています。

まだ先のことだと思い、何も対策をせずに放置していると、いざ事業承継という時に、相続を巡って争いが起きる、後継者が育っていない、取引先や従業員の信頼を得られないなどの問題が起こってしまいます。

そうならないために、事前に後継者の資質を備えた適任の候補者を見つけ、その候補者を育成し、徐々に経営権を移していくといった計画的な取り組みが大切です。

このような事業承継には、親族内承継、従業員等への企業内承継、M&Aなど複数の手段があり、それぞれ株式や事業用資産を、売買、生前贈与、遺言などにより承継させていきます。

円滑な事業承継には、遺留分、贈与税・相続税に対する深い理解が必要となりますので、弁護士、税理士等の専門家を交えて計画すると良いでしょう。 

番組内容の概要

番組では、事業承継について、

「事業承継の対策はなぜ必要なの?」

「何を承継させるの?」

「事業承継にはどんな方法があるの?」

「経営承継円滑化法って何?」

などについてお話ししました。

内容の概要は、以下のとおりです。 

事業承継の対策はなぜ必要なの?

・日本の中小企業の特色について

・経営者の高齢化

・所有と経営の一致

何を承継させるの?

・株式の承継

・事業用資産の承継

・経営ノウハウ・経営理念の承継

事業承継にはどんな方法があるの?

・親族内承継

・従業員等への企業内承継

・第三者承継(M&A)

・売買、生前贈与、遺言、遺産分割

・遺留分

・贈与税・相続税

・経営承継円滑化法について

その他、事業承継で気を付けること

 

今後とも宜しくお願い致します。

無料相談受付中

相談は面談のみとなります。お電話での相談は受け付けておりません。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(9時~21時 土日祝日も受付中)

通話料無料・完全予約制

弁護士面談 土日祝日も受付中

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア:尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

上記地域を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。