「ラジオ出演(第13回目)」のご報告(6月28日)~社員が痴漢で逮捕...どう対応したらいい?

ラジオ(FMあまがさき、「中西優一郎のLaw・and・Order」の第13回目)に出演させていただきました。

「社員が痴漢で逮捕…どう対応したらいい?」というテーマをもとに、お話ししました。

社員が痴漢で逮捕されたと報告を受けたら、会社として、どのように対応したらいいでしょうか。

この場合、逮捕されたことを以って、社員をすぐに解雇するなど処分を急ぐことは避けるべきです。

近年、痴漢の冤罪事件等も増えており、拙速に処分をして、後日、無実であることが判明すれば、その社員から解雇処分の取消し、未払い賃金支払い等の裁判を起こされる可能性があります。

特に、本人が容疑を認めていない場合は慎重に対応する必要があります。

当面は社員に有給を取ってもらう、起訴により長期化すれば休職扱いにすることも視野に入れ、捜査・公判の状況をみながら検討することになります。

また、最終的に、裁判で有罪となった場合は、懲戒処分の可否が問題となります。

職場外における職務行為と関係のない行為に関しては、懲戒処分はできないのが原則ですが、刑事事件において、社員の行為により、会社が社会的な名誉や信用を失い、企業秩序の維持が損なわれる場合、懲戒処分ができると考えられています。

懲戒処分を検討するに際しては、事件の経緯(常習性、悪質といえるか等)、社員の反省の姿勢(被害弁償、示談の有無、更生の可能性等)、事業運営への影響、会社の名誉・信用の損傷の程度(新聞・テレビ等のメディア報道の有無・内容、取引先への認知の有無等)を考慮して、懲戒処分の内容を判断することになります。

他方、無罪となった場合は、社員が迅速に職場復帰できるよう、支援する必要があります。

番組内容の概要

番組では、痴漢で逮捕された社員への対応に関して、会社として、逮捕・勾留、起訴、公判の各段階での取扱い方法、有罪となった場合の懲戒処分の可否・内容、判断基準、最近の裁判例、その他会社が気を付けておくことなどについてお話ししました。

内容の概要は、以下のとおりです。

逮捕された社員に、会社はどう対応したらいい?

・刑事手続の流れ

・逮捕段階の取扱い

・勾留段階の取扱い

・起訴段階の取扱い(起訴休職の適用の注意点)

・公判段階の取扱い

有罪となった場合、どうする?

・懲戒処分の可否

・懲戒処分の内容

・懲戒処分を検討する際の判断基準

・最近の裁判例

・無罪となった場合の取扱い(円滑な職場復帰の支援)

その他、会社が気を付けておくこと

 

今後とも宜しくお願い致します。

無料相談受付中

相談は面談のみとなります。お電話での相談は受け付けておりません。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(9時~21時 土日祝日も受付中)

通話料無料・完全予約制

弁護士面談 土日祝日も受付中

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア:尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

上記地域を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。