建築基準法上の接道義務とはどのような規制?

建築基準法上の接道義務とはどのような規制でしょうか。

これは、建築物の敷地が、道路に2m以上接することを義務づけるルールのことです。

家を建てる場合、建物の敷地は道路に2m以上接していなければなりません。

これを接道義務といいます(建築基準法43条)。

住宅地などをイメージしてみると思い浮かびますが、住宅の敷地は多くの場合、道路に面しています。

建物の敷地には、生活のために出入りをする道路が不可欠ですし、地震や火事などの場合に避難する通路も必要です。

そのため、建築基準法に接道義務が定められています。

住宅やビルなどを建てようとするときは、建築基準法に基づいて、建築確認申請を受ける必要があります。

そして、建築確認申請における規制のひとつが接道義務であり、接道義務に違反している場合には、建物の建築を行うことができませんので、事前に確認する必要があります。

「建物が2m以上接していなければならない道路」については、建築基準法の42条によって定められています。

この法律で要求している道路とは、具体的には、幅が4m以上ある道路のことです。

接道義務として定められている「道路」としての条件は、「幅が4m以上」ということだけですから、私道でも幅が4m以上ある場合には、42条による「道路」として扱われます。
 

交通事故

適正な損害倍賞を受けるために。

相談料0円・着手金0円。

後遺障害認定から適切な賠償金獲得までをサポート。

無料法律相談

離婚・男女問題

平穏な生活を取り戻すために。

離婚・不倫慰謝料の解決実績243件※平成28年12月現在

費用(着手金)は無理なく分割OK!

法律相談

相続・遺言

遺産相続問題解決・防止のために。

遺産分割の話し合い・名義変更手続き。

ワンストップによる相続・遺言案件の抜本的解決をご提供。

法律相談

借金・債務整理

借金問題を解決し生活を再建するために

相談料 0 円着手金 0 円

費用は無理なく分割 OK!

法律相談

交通事故・債務整理は無料相談 受付中!

どんな事でもお気軽にご相談ください。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(法律相談のご予約 9時~21時 土日祝日も受付中)

完全予約制。相談は面談となります。土日祝日相談。夜間相談・夜10時まで弁護士による面談可。

メールでご予約(24時間受付)

無料相談受付中

相談は面談のみとなります。お電話での相談は受け付けておりません。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(9時~21時 土日祝日も受付中)

通話料無料・完全予約制

弁護士面談 土日祝日も受付中

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア:尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

上記地域を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。