「財産の全部を寄付する」との父親の遺言、息子は何ももらえないの?

相続人であるAさんが、亡くなった父親の書斎を片付けていたところ、「全財産を慈善団体に寄付する」との遺言を発見しました。

息子であるAさんは何ももらえないのでしょうか。

遺言は有効

そもそも、相続人がいながら、財産の全部を相続人以外の第三者に寄付する遺言は、有効なのでしょうか。

遺言が無効となるのは、遺言能力のない者が遺言をした場合(満15歳に達しない者の遺言)、遺言が法律で定められた方式によらない場合、遺言が公序良俗に反する場合等があります。

本件において、特段このような事由に該当しない限り、「財産の全部を寄付する」との遺言も有効となります。

遺留分減殺請求ができる

被相続人が自らの意思により自由に寄付ができるとはいえ、相続人である息子Aさんには遺留分があります。

遺留分とは、被相続人が相続人に残さなければならない遺産の最低部分です。

Aさんが3人兄弟(相続人が子ども3人のみ)の場合、3人兄弟にはそれぞれ6分の1ずつ(計2分の1)の遺留分があります。

遺言によって遺留分を侵害されたのですから、Aさんを含む3人兄弟には遺留分減殺請求権があります。Aさんらは遺留分減殺請求で侵害された部分を取戻すことができます。 

生前に寄付したら

では、父親が生前に財産を第三者に寄付した場合、相続人の遺留分はどのように考えたらいいのでしょうか。

相続開始前の1年間にされた贈与(寄付)は遺留分の対象となります。

また、寄付する側とされる側の双方が、遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与したときは、1年より以前にされた寄付も遺留分の対象となります。 

無料相談受付中

相談は面談のみとなります。お電話での相談は受け付けておりません。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(9時~21時 土日祝日も受付中)

通話料無料・完全予約制

弁護士面談 土日祝日も受付中

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア:尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

上記地域を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。