遺言書を見つけたら、どうしたらいいの?

相続人であるAさんが、亡くなった父親の戸棚を整理していたところ、封印してある「遺言書」と書かれた封筒を発見しました。

封印ある遺言書をその場で開けて読んでもいいのでしょうか。どのように取り扱ったらいいのでしょうか。

遺言書に封印があったらすぐに開けない

遺言書を発見した者は、これを家庭裁判所に提出して、検認を請求しなければなりません。

検認とは、家庭裁判所が遺言書の形式・状態を調査・確認し、遺言書の偽造・変造を防ぎその保存を確実にするための手続です(公正証書遺言の場合は検認手続の必要はありません)。

そして、民法上、封印のある遺言書は、家庭裁判所で開封しなければならず、家庭裁判所外で開封をした者は、5万円以下の過料に処せられると規定されています。

したがって、相続人であるAさんは、発見した封印のある遺言書を家庭裁判所に提出すべきであり勝手に開封してはいけません。

もっとも、開封してしまったからといって、開封した者の相続権が失われたり、遺言が無効になったりするわけではありません。開封した者が、手続違反の制裁として裁判所から5万円以下の過料に処せられるだけです。

したがって、開封後でも、遺言書を家庭裁判所に提出して検認請求をし、遺言書にしたがって遺産を相続することができます。

 遺言書を隠したり、捨てたり、変造したりすると

封印のある遺言書を開封してしまっても、それだけで相続権が失われることはありません。

しかし、Aさんが、発見した遺言書を隠したり、捨てたり、変造したりすると、相続欠格者となって相続人の地位を失うこともありますので注意が必要です。 

無料相談受付中

相談は面談のみとなります。お電話での相談は受け付けておりません。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(9時~21時 土日祝日も受付中)

通話料無料・完全予約制

弁護士面談 土日祝日も受付中

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア:尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

上記地域を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。