会社ってどうやってつくるの?

はじめに

「会社をつくりたい」「個人事業から法人成りしたい」、このようにお考えの方々から、最近ご相談を受ける機会が幾度かございました。

共通してご質問される内容は、「手続はどうするの?」「かかる費用は?」「個人事業と会社は、どっちが得なの?」などです。そこで、会社をつくるに当たって、知っておきたい基本的な事項について、これから数回に分けて、書かせていただきます。

 どの種類の会社を設立したらいいの?

会社の形態は大きく分けて、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4種類あります。このうち、最近は、合名会社、合資会社をつくる人は、ほとんど見受けられなくなっています。これらの会社は、出資者が無限責任を負うことになり(出資者が、出資した分のみならず、個人の財産を供して最後まで責任を負うことになります)、閉鎖的で情報があまり公開されていませんので、個人経営とあまり変わらないという点が理由として考えられます。

他方、株式会社の場合は、出資者は有限責任を負うにとどまり、出資した額以上の責任を負うことはありません。このような理由から、会社を設立する場合は、株式会社を選択することが一般的となっています。

 会社設立の手続はどうするの?

ここでは、代表的な種類の会社である株式会社の設立について書かせていただきます。設立手続の概要は、以下のとおりです。

 ①会社の基本事項の決定

 商号、事業目的、本店所在地、資本金額、役員、決算期等、会社の基本事項を決定します。

 ②定款の作成及び認証

 作成した定款を、公証役場で認証してもらいます。電子定款認証を行うことにより、印紙代を節約することが可能になります。

 ③株式(資本金)の払込

 定款認証後、定款記載通りの金額を各出資者が払込を行います。

 ④設立時役員等の選任

会社設立時の役員等を選任します。

 ⑤登記申請

会社成立日は「登記申請をした日(書類提出日)」になります。

 ⑥会社成立

 登記が完了すれば、会社成立です。登記簿謄本(履歴事項証明書)・印鑑証明書の取得が可能になり、法人口座も開設することができます。

 次回は、「会社設立手続にかかる費用ってどれくらい?」について書かせていただきます。 

無料相談受付中

相談は面談のみとなります。お電話での相談は受け付けておりません。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(9時~21時 土日祝日も受付中)

通話料無料・完全予約制

弁護士面談 土日祝日も受付中

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア:尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

上記地域を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。