外国事業者への第三者提供~改正個人情報保護法

024掲載使用写真 縮小版.JPG

改正個人情報保護法が、平成29年5月30日より全面施行されます。

改正前の個人情報保護法では、5,000件を超える個人情報を保有する事業者のみが個人情報保護法の適用対象でした。

しかし、改正個人情報保護法では、保有している個人情報が5,000件以下の事業者であっても、適用の対象になります。

これまで個人情報保護法の適用対象ではなかった小規模事業者も、個人情報保護法の規制を把握し、対応する必要があります。

以下では、改正事項のひとつである「外国事業者への第三者提供」について、ご説明します。

外国事業者への第三者提供

改正前の個人情報保護法は、外国にある第三者に対する個人データを提供することについて、特段の規定を設けていませんでした。

改正前の個人情報保護法では、第三者への個人データの提供に際して、あらかじめ本人の同意を得ないで、本人以外の第三者に個人データを提供してはならないとされています。例外として、法令で定める場合等には、本人の事前の同意がなくても個人データの第三者への提供が認められます。
当該第三者は日本国内の者か外国にある者かを問わずに適用されていました。

しかし、外国の当該第三者が日本の個人情報保護と比べて不十分な取扱いを行なっている場合には、本人の権利利益が侵害される可能性があります。

そこで、改正法では、新たに規制を設けています。

改正法により、個人情報取扱事業者は、外国にある第三者に個人データを提供する場合には、あらかじめ外国にある第三者への提供を認める旨の本人の同意を得なければならなくなりました。

なお、法令に基づく場合等の個人情報保護法23条1項各号に掲げる場合は事前の同意がなくても第三者への提供が可能です。

但し、

  • 個人の権利利益を保護する上で我が国と同等の水準にある外国として個人情報保護委員会規則で定める外国の第三者に提供する場合

又は

  • 個人データの取扱いについて個人情報取扱事業者が講ずべきこととされている措置に相当する措置を継続的に講ずるために必要なものとして個人情報保護委員会規則で定める基準に適合する体制を整備している者に提供する場合

には、個人情報保護法23条が適用され、国内・海外を問わず第三者への提供について同意を得られればよいことになります。

これにより、外国にある第三者に個人データを提供する可能性がある企業は、新たな対応が必要となります。

改正個人情報保護法で知っておきたいことはこちら!

・改正個人情報保護法で企業が注意することは

・改正個人情報保護法「個人情報の定義」が明確化。企業に求められる対応は?

・改正個人情報保護法「小規模事業者も対象に」5,000件要件の撤廃

・要配慮個人情報とは

・匿名加工情報とは

・オプトアウト規定の厳格化

・トレーサビリティの確保・第三者提供をする場合

・トレーサビリティの確保・第三者提供を受ける場合

・データベース提供罪とは?

・外国事業者への第三者提供

 

無料相談受付中

相談は面談のみとなります。お電話での相談は受け付けておりません。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ):0120-066-435(9時~21時 土日祝日も受付中)

通話料無料・完全予約制

弁護士面談 土日祝日も受付中

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

アクセス

阪神尼崎駅徒歩30秒

〒660-0861 尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング

交通:阪神本線 尼崎駅徒歩30秒
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア:尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、大阪市、豊中市、池田市、吹田市、箕面市

上記地域を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。